チアダン4話感想と5話あらすじ 山本舞香は性格悪そう!?

   

    

チアダンですが、佐久間由衣さんもかわいいですし、みんなかわいいっす!

でも、山本舞香さんだけ一匹狼のような感じでクールでかっこいいですね。

むしろドラマの中の演技力があり過ぎてリアルに性格悪そうって思っちゃうんですけど。。。

そんなチアダン4話感想と5話あらすじに行きたいと思います。

 
Sponsored Link
 

チアダン4話感想 山本舞香がかわいい!

 

山本舞香さん。

もしかするとチアダンで化けるかもしれませんね。

 

やっぱりほかの方でも思っている方がいらっしゃいましたね。

南くんの恋人だとそんなに思わなかったんだけどな~w

こういうクールな役が似合ってりますね。

では、チアダン4話感想に行きたいと思います。

木下ほうかさんは何とか娘を辞めさせてたいようでオダギリジョーさんにプレッシャーをかけますがオダギリジョーさんにさらっとかわされました!

オダギリジョーさんはJETSの映像を見ながら気が付いたことをメモしておりました。

で、そこからJETSを見学させてもらいに行きます。

校長先生が、、、まさかの仮面ライダーエグゼイドとコンフィデンスマンJpに出ていた五十嵐さんじゃないですか!!

で、JETSの挨拶にROKETSの面々は麺を喰らい圧倒されておりました。

いろいろ根掘り葉掘り聞いて練習の方法を取り入れていこうとしている土屋太鳳さん。

JETSの練習がJETSゴッコということでおでこを丸出しにするところからスタートします!

学校の裏のシャッター商店街=福西商店街のショーとしてダンスをするようにお願いされました。

山本舞香さんと朝比奈彩さんとの間でまた喧嘩が勃発w

山本舞香さんの一匹狼チックがいいですね~

ただ、山本舞香さんの過去がキレたら何をするかがわからないということでROCKETSの仲間から浮くことになってしまいました。

井原六花さんはチアリーダー部の先輩に意見を言ってはぶにされ、ベンチで泣いているのを土屋太鳳さんが発見をして身の上話を聞きました。

井原六花さんのお父さんとの思い出の曲ブルーハーツの「人にやさしく」

阿川佐和子さんも部活の練習を見に来きてオダギリジョーさんを導きます。

土屋太鳳さんたちにチアスピリットを気づかせるようにすることだそうです。

そこでオダギリジョーさんは福西商店街の応援に出ることに!

何かそこに意図を感じた土屋太鳳さんはみんなで出ることを決めました。

石井杏奈さんは山本舞香さんを説得しに。

山本舞香さんは自分の殻に閉じこもっております!

昔から人に合わせるのがむずかしくて、しかもせっかくできた友達に裏切られたことがずっと心に残っているそうです。

「どうせ裏切られるなら、最初から信じないほうがいい」と。

で、石井杏奈さんは「私たちも裏切ると思う?自分のペースでみんなを信じられるまで待つよ」と。

山本舞香さんはROCKETSのために一歩踏み出してくれたじゃない!って。

その言葉に応じて山本舞香さんは帰ってきました。

デコだし&「ごめん」&振りを考えてきた

とい、さらに一歩も二歩も踏み出した感じですね。

最後に笑う顔がよかったですね。

からの福西商店街でのチアダンス。

その曲はブルハーツの「人にやさしく」

やっぱりブルーハーツいいわ~w

踊り終わって皆が認めてくれました!

からのチアリーダー部から1年生二入りが入ることに。

で、土屋太鳳さんの幼馴染の清水君が野球部に戻って、上手くいくっと思った矢先。

チアダンス部の部活がなにものかに荒らされておりました。

まぁ、チアリーダー部ですけどね(苦笑)

 

チアダン,4話,感想,5話,あらすじ,山本舞香,性格,悪そう
 

チアダン 山本舞香の性格悪そう!?

 

チアダンでクールな役をやっている山本舞香さんですが、にじみ出る一匹狼感。

そのためか見た目だけで少し性格悪そうって思っちゃうんですが実際はどうなんですかね?

ネットでも噂としてはありますが、、、、

おそらくは山本舞香さんの性格がサバサバしているからこそなんだと思います。

いや~本当にチアダンの柴田みたいな性格のようですね。

「昔やっていた空手やフットボールが、今の私の性格に影響してると思っていて。難しいな、大変だな、と仕事で思うときこそ、よし、頑張ろうって前向きになります」

「負けず嫌いで気が強い」

「キツイ性格」

「思ったことはズバズバ言う」

と本人がインタビューで語っておりますので、男っぽい性格なんでしょうね。

ちなみに空手は黒帯の有段者のようです。

山本舞香の性格悪すぎなエピソードは?元ヤンキーはデマか?

結論としては山本舞香さんは性格悪そうに見ても全然そんなことはないようで、男っぽい性格がそう思わせてしまっているようですね。

 
Sponsored Link
 

チアダン5話あらすじ 山本舞香はダンス経験者?

 

このチアダンですがダンスがキレキレの人がいますよね~

土屋太鳳さんや石井杏奈さんのようなダンス経験者の方もいらっしゃいます。

で、ヒップホップを踊っていた山本舞香さんはダンス経験者なのでしょうか?

 

 

この踊りを踊っている山本舞香さん。

ダンス経験者なのかな?って思いましたが、実はダンスは未経験だったそうです。

で、ここまで踊れるようになっているということは結構努力をされたようですね。

やっぱり根性ありますね!!

ではチアダン5話あらすじに行きたいと思います。

 

 

福井商店街のお祭りで踊りを披露したわかば(土屋太鳳)率いる福井西高校チアダンス部・ROCKETS。ステージは大成功に終わり、さらにチアリーダー部1年生の芙美(伊原六花)とカンナ(足立佳奈)も加わり部員は10人となった。
福西祭が近づき賑わいをみせる校内で、チアダンス部の部室が荒らされる事件が勃発!望(堀田真由)率いるチアリーダー部が、芙美とカンナがチアダンス部に入った腹いせでやったに違いないと怒るROCKETS一同。そんな中、部室にやって来たわかばと麻子(佐久間由衣)が目にしたのは、芙美を心配そうに囲む汐里(石井杏奈)、茉希(山本舞香)、渚(朝比奈彩)、妙子(大友花恋)、穂香(箭内夢菜)、琴(志田彩良)、カンナの姿だった。
話を聞くと、芙美がチアリーダー部たちによって足に怪我を負わされたという。堪忍袋の緒が切れた汐里、茉希、渚はチアリーダー部の元へ行こうとするが、わかばはそれを阻止し、1人でチアリーダー部の部室へ向かう。果たしてチアダンス部とチアリーダー部の争いはどこまで行ってしまうのか!?
その一方で、チアダンス部の練習を見ていた顧問の太郎(オダギリジョー)は、今のROCKETSにはコーチが必要だと感じる。そこでコーチを探すために東京へ向かうが、適任者はなかなか見つからない。諦めて帰ろうとした時、前任校の生徒である木田(岐洲匠)に似ている男性を見つける――。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201807ドラマ, チア☆ダン , , , , , , ,