運転免許証返納はどの年齢から?また代理手続きは可能?特典を紹介!

   

    

最近、何かと話題の高齢者の運転事故。

全員が全員そうではないと思いますが、やはり年齢を重ねることによって、視力の低下や判断力の体か。

また、反射神経なども低下していくので運転をしていてそれを見ていると怖い人もいらっしゃいますね。

中には認知症が入っている方もいらっしゃるようなので、、、

田舎では車がないと生活が難しいのはわかりますが、運転免許証返納を考えてもいいかもしれません。

まぁ、早く自動運転が可能になってくれればこのあたりも解決していくと思うんですけどね。。。

ちなみに運転免許証の返納が可能な年齢や、代理手続きが出来るのか調べてみました。

また、運転免許証を返納した場合の特典もご紹介!

 

 
Sponsored Link
 

運転免許証返納が可能な年齢は?

 

まず、年齢ですが、、、

運転免許証を持っていれば年齢は何歳からでもOKです。

ただし、運転免許証を持っていても

・免許の取消し処分の対象になっている方
・免許の停止処分の対象になっている方、免許停止期間中の方
・初心運転者講習の対象になっている方

など対象外の方もいらっしゃいますのでご注意を。

ちなみに運転免許証返納の特典の中には自治体にもよりますが年齢制限があります。

大体が65歳以上で、ところどころ70歳以上というところもあります。

ちなみに運転免許証返納の手続きの場所は

・管轄地域の警察署
・運転免許センター

が主で、基本平日の受付になります。

※地域によっては土日もやっているところがあります。「○○県 運転免許証 返納」とかで検索していただければ出てくると思われます。

で、持ち物ですが、当然「運転免許証」と、時々印鑑が必要になってきますのでそちらはご確認ください。

ただ、運転されていない方で運転免許証がなくなったけど返納したいという方もいらっしゃると思います。

その際は身分確認できる書類(個人番号(マイナンバー)カード、保険証等)と申請用写真で対応してくれるところもあるようです。

 

運転免許証,返納,年齢,代理,手続き,可能,特典

引用:https://clicccar.com/2017/09/26/514378/

運転免許証返納は代理手続きは可能?

 

では、高齢者の方が体が悪くて自分で返納に行けない。

や、

平日忙しくて行けない。

となった場合、代理の方が運転免許証返納の手続きを行うことは出来るのでしょうか?

結論としては、、、

これは地域によって変わってきます。

静岡県などは「必ず、ご本人が申請してください。(代理申請はできません。)」となっております。

なっておりますが、埼玉県などは代理申請が可能となっております。

ただ、これも地域によって代理手続きが可能な場合の決まりがいろいろありますので事前に確認しておいてくださいね。

一例

★石川県

窓口に来所するのが困難な方は代理申請することができます。
( 病気や負傷、介護施設等に入居、交通手段の確保が難しいなど )

代理人
3 親等以内の親族または介護施設等の職員に委任することができます。
その他の方に委任したい場合は事前にご相談ください。

必要なもの

返納する人の運転免許証
委任状兼確認書
代理人誓約書
代理人の本人確認書類
( 運転免許証等、代理人が介護施設等の職員の場合は職員証等 )

★埼玉県

申請者ご本人が病気等で入院中、施設等に入所中又は自宅療養中で、窓口に来庁することができない場合等、窓口に来庁できないやむを得ない事情があり、申請時に電話等により申請者本人の意思確認ができる場合に限り、代理人による運転免許の取消し申請(自主返納)ができます。

代理人

親族(原則として3親等以内の親族)
申請者本人が入院中の病院職員等
申請者本人が入所中の介護施設職員等
成年後見人等

必要なもの

申請者本人の運転免許証
埼玉県公安委員会指定の委任状・申立書
病気、負傷等やむを得ない理由により自ら手続できないことを証明する書類
申請者本人と代理人の関係を確認できる書類
申請と同時に住所を変更する場合は新住所確認書類を提示願います

というように各県によっていろいろ見解が違いますので、ご自身の住まわれている地域が運転免許証返納の代理手続きが可能かどうかお調べくださいね。

 
Sponsored Link
 

運転免許証返納で得られる特典は?

 

運転免許証返納で得られる特典は何でしょうか?

まず、運転免許証を身分証明書に使われいる方は、申請すれば「運転経歴証明書」というものを発行してもらうことが出来ます。

大体この運転経歴証明書には手数料1,100円が必要ですが、都道府県によってはこの手数料が無料になります。

また、運転経歴証明書を提示することによって特典を受けられるようになっております。

※免許証返納は何歳からでも出来ますので、若い人でも運転経歴証明書を持っていれば受けられる特典もあるようです。

ただ、この特典もいろいろ制限がありますので、確認が必要になってきます。

「運転経歴証明書」で受けられる特典(優遇処置)には、様々な条件が定められています。

例としては、
・運転経歴証明書の提示が必要
・○○市在住
・満○○歳以上
・事前申請が必要
・自主返納の返却から○ヶ月以内
などの様々な条件があります。

条件が定まっていないのは主催している自治体、民間業者が条件を定めているためです。

運転経歴証明書で受けられる特典(優遇処置)は、「自治体主催の特典」と「民間主催の特典」の2種類に分けられます。
下記にタイプ別の特典をご紹介します。

■自治体主催の特典(優遇処置)
《交通》
・市営、県営のバス割引/優待券
・市営、県営電車のバス割引/優待券
・指定タクシー業者の運賃が10%割引

■民間主催の特典(優遇処置)
《家具・家電》
・補聴器の購入費用を割引
・電動車イスの購入費用を割引

《日用品》
・商店街の購入費用を割引

《レジャー》
・レジャー、テーマパークの入園料を割引
・ホテルの宿泊料を割引
・温泉、銭湯の入浴料を割引
・美術館、博物館の入館料を割引

《美容》
・美容院、理容院の施術料を割引

《お金》
・信用金庫などで定期預金の金利を上乗せ

上記のように、自治体では交通機関の特典がほとんどですが、民間は多用な特典を展開しています。

引用:https://matome.response.jp/articles/1354

上記を引用させていただいている「【運転免許の自主返納】手続き方法やメリットは?都道府県別の特典も紹介!」のサイトではもっとわかりやすく解説されておりますのでご覧ください。

「●●県 運転免許証 返納 特典」などで検索もできますし、

高齢運転者支援サイトに運転免許返納の特典が都道府県別に一覧になっております。

また、タクシーなどの割引の場合は、他県に住んでいても受けられるものもあったりしますのでよくご確認ください。

運転免許証返納の代理手続きを全国可能にしていただければもう少し返納が多くなるかとは思うんですけどね。。。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 

 - 話題 , , , , , ,