ピエール瀧が凶悪で怖い?電気グルーヴ(グループ)での伝説を紹介!

   

    

アナ雪のオラフ役をやっていたことのほうが今は有名かもしれませんが、電気グルーヴ(グループ)のピエール瀧さん。

ちなみに電気グルーヴ(グループ)と電撃ネットワークとは別物なので間違わないように。

そんなピエール瀧さんですがネットで検索すると「ピエール瀧 凶悪」と出てきておりました。

やっぱり目の奥が笑っていないのでどこか怖さを感じていたんですが、凶悪で怖いということなんでしょうか?

また、電気グルーヴ(グループ)での伝説も紹介したいと思います。

 

 
Sponsored Link
 

電気グルーヴ(グループ)のピエール瀧は凶悪で怖い?

 

ピエール瀧さんですが、静岡出身のためか静岡放送でピエール瀧のしょんないTVをやられておりますね。

私的にはあまり、、、、という番組なんですが、これは人それぞれあるので仕方ないことだと思います。

で、そんなピエール瀧さんですが「ピエール瀧 凶悪」と出ておりますが、凶悪で怖いんでしょうか?

と思って検索を深追いしていくと、、、

どうやら凶悪というのは映画のことだったようです。

その凶悪でピエール瀧さんが演じている役柄が怖いというのも拍車をかけているんだと思います。

 

 

というような凶悪という映画自体も実際に起こった胸糞悪い事実というのが余計に拍車をかけているようですね。

実際のピエール瀧さんは怖いんでしょうか?

そこが気になりますね。

 

ピエール瀧,凶悪,怖い,電気グルーヴ,グループ,伝説,紹介
 

実際の電気グルーヴ(グループ)のピエール瀧は凶悪で怖い?

 

実際の電気グルーヴ(グループ)のピエール瀧さんは凶悪で怖いんでしょうか?

まぁ、凶悪ではないようですね。

で、怖いかどうか?というと、、、

ピエール瀧さんは昔人生というバンドをやられていた時のことですが、

 

 

違った意味で怖いのは怖いですね。

あとは、イメージ的に怖い役柄が多いので「怖い」と刷り込まれているのはあるようです。

実際は怖いというのはないようですが、良い人っていうわけでもないようです。

 

やはり世間を斜めから見ているという感じがピエール瀧さんだと思います。

 
Sponsored Link
 

ピエール瀧の電気グルーヴ(グループ)の伝説を紹介!

 

ピエール瀧さんが所属している電気グルーヴ(グループ)の伝説について紹介したいと思います。

ちなみに電気グルーヴ(グループ)は電気グルーヴというのが正しい表示ですが、電気グループと間違われる人が多いようですね。

また、ごくまれに電撃ネットワークとかぶる人もいるようです。

ただ、電気グルーヴ(グループ)はテクノですが、電撃ネットワークはパフォーマンスユニットです。

違いはこんな感じです。

電気グルーヴ(グループ)

 

 

電撃ネットワーク

 

 

という感じで全く違いますね(笑)

ただ、上のユーチューブではオシャンティーな音楽をやられておりますが、昔は結構ハチャメチャだったんですよね(笑)

電気グルーヴがカルト的な人気を獲得するきっかけとなったのが1991年から1994年にかけて放送されたラジオ『電気グルーヴのオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)

番組では様々な伝説が残されており、石野卓球がCM中に、トイレに行き自●行為を済ませるという快挙を成し遂げる。“オカズ”の雑誌と、その上に散らばる“証拠”もスタジオに持参した。

引用: https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160126/Tocana_201601_post_8647.html?_p=3#ixzz5SoOTZczh

や、

天久聖一を聞き手にむかえた『テレビブロス』(東京ニュース通信社)の、虚言放言インタビューはファンにはおなじみのデタラメだらけのものだった。

だが、普通の雑誌インタビューで適当に答えたものが、そのまま掲載されてしまったものもある。2006年11月12日『伊集院光日曜日の秘密基地』(TBSラジオ)にピエール瀧が出演した。この番組では過去の雑誌記事などをもとに、本人にクイズを出すのが恒例となっている。ゲストは自分のことを訊かれているため、大体のことには答えられる。だが、ピエール瀧の場合、適当に答えすぎているため、なかなか正解が出なかった。

極めつけだった答えが、最近卓球としなくなったこととして「一緒にお風呂に入らなくなった」というものがあった。高校時代からの親友であるとはいえ、そこまで親密な関係ではあるまい。なお、同日の放送では、当時世間を騒がせていたいじめ問題を受けてピエール瀧と伊集院光が心に残るトークを繰り広げている。

引用: https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160126/Tocana_201601_post_8647.html?_p=4#ixzz5SoOxEkD2

というように感じで活動されておりました。

それが今はMステに出演されるまでになるとは感慨深いものがありますね。

ピエール瀧さんは今後も強面役を演じていかれると思いますが、これからもピエール瀧さんの活躍を応援しております。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - アーティスト , , , , , ,