広島は甲斐キャノンにやられ過ぎwその意味やスピードは?攻略した西川もヤバい!

   

    

ソフトバンクが日本一になりましたね。

その中でも6戦2安打にもかかわらずMVP に輝いた甲斐選手

甲斐キャノンと言って広島の盗塁を6連続阻止した強肩の持ち主です。

広島は自慢の足が封じ込められ手も足も出ませんでしたね。

ちなみにその甲斐キャノンスピードがどのくらいのものなんでしょうか?またその由来や意味も調べてみました。

またその甲斐キャノンを攻略した日本ハムの西川選手の足も再度注目されております。

 

 
Sponsored Link
 

広島は甲斐キャノンにやられすぎ!甲斐キャノンの意味や由来とは?

 

ソフトバンクの正捕手の甲斐拓也選手

育成から這い上がってきた選手で強肩の持ち主です。

広島との日本シリーズでは6戦して2安打にも関わらず MVP に輝いております。

その理由は広島の機動力を封じ込め甲斐キャノンと言われる盗塁阻止です。

ちなみにこの甲斐キャノンの由来&意味は?というと、アニメ『ガンダム』に出てくるガンキャノンからいるのではないかと言われております。

ただ以前は『甲斐選手のキャノン砲』と言ってもいたので、その辺りがくっついて甲斐キャノンとなったのかもしれませんね。

甲斐キャノンがすごいのもあると思いますがもしかすると、広島の選手の盗塁前のクセ、サインが見抜かれていた可能性もあるかもしれません。

 

甲斐キャノンの画像
 

甲斐キャノンのスピードは?また正確性や配球も凄い!

 

甲斐キャノンのスピードもすごい!って言われており、プロのキャッチャーがピッチャーの球を取ってから二塁に投げ、届くまでの時間が、プロの平均では1.9秒って言われておりますが、キャノンの場合は最速で1.71秒でだいたいが1.8秒台を記録しております。

この1.8秒台は名捕手と言われたヤクルトの古田選手に匹敵するぐらいです。

また甲斐キャノンはスピードだけに限らず正確性もあります。

これ以外にも甲斐キャノンの凄さには配球にもあるそうです。

盗塁しそうだなっていう時にピッチャーにサインで高めを要求し、キャッチャーが投げやすい体勢でボールを取り投げていることもあります。

「もちろん肩は強いし、送球までのスピードも速い。でも、強肩といわれる他の捕手とそのへんは同じ。ボクが気になるのは、配球です。走るときは当然、ピッチャーの動きやクセを見るのが重要だけど、(走ろうとすると)そうさせない配球やタイミングのずらし方をしてくる。ある程度は割り切っていくしかない部分もあるけど、一番隙のない捕手だと思います」

甲斐は肩が強いだけではなく、捕球から二塁送球までのスピードもケタ違いだと言われる。プロの平均が1・9秒と言われるそれが、甲斐は最速1・71秒。送球コントロールも正確無比だが、野間に言わせればそれだけではないというのだ。田中が刺された場面、3度の牽制球のあと、甲斐が要求したのは高めの真っすぐだった。ソフトバンクの森作戦兼バッテリーコーチ補佐もこう言った。

引用:https://news.nifty.com/article/sports/gendai/12136-115314/

これが甲斐キャノンの凄さだと思われます。

ただそうは言っても甲斐キャノンの盗塁阻止率は、447となっており盗塁すべてを阻止出来ているわけではありません。

まぁ、それでも盗塁阻止率

セリーグ

1 小林 誠司 (巨) .341
2 梅野 隆太郎 (神) .320
3 中村 悠平 (ヤ) .288
4 會澤 翼 (広) .245
5 嶺井 博希 (デ) .188
6 松井 雅人 (中) .170

パリーグ

1 甲斐 拓也 (ソ) .447
2 髙谷 裕亮 (ソ) .385
3 森 友哉 (西) .373
4 田村 龍弘 (ロ) .320
5 嶋 基宏 (楽) .312
6 若月 健矢 (オ) .306
7 鶴岡 慎也 (日) .294
8 清水 優心 (日) .241
9 山崎 勝己 (オ) .120

引用:http://npb.jp/bis/2018/stats/lf_csp2_p.html

となっているのでずば抜けて高いんですけどね。

まぁ、野村元監督は甲斐選手は茶髪で長髪なので認めようとはしないと思いますけどね(笑)

ちなみにクライマックスシリーズでは日本ハムの西川選手がこの甲斐キャノンを攻略しておりました。

 
Sponsored Link
 

甲斐キャノンを攻略した西川の足がやばい!

 

広島が刺されまくった甲斐キャノンですか、クライマックスシリーズでは日本ハムの西川選手が2回も盗塁を成功させております。

ただ西川選手はパリーグの盗塁王で、その足をもってしても甲斐キャノンの刺されることもあり、甲斐キャノンと西川選手の足は一進一退の攻防を続けてると思われます。

西川選手の盗塁成功率は.936で47回やって3回失敗しております。

その失敗のほとんどが甲斐キャンではありますが。。。

セリーグの盗塁王はヤクルトの山田選手で成功率は.892となっております。

これを見ると西川選手の凄さがわかりますし、やっぱり甲斐キャノンは凄いんだ!っていうのがわかりますよね。

ただ、甲斐キャノンカイキャノンと言われておりますが、やっぱり広島には勝って欲しかったです(笑)

広島はどうしてこう短期決戦に弱いんでしょうかね、、、(泣)

もし来年また勝ち上がりても同じことが起こりそうで少し怖いですね、、、、

できればソフトバンクではなく他の球団と戦いたいものです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - アスリート , , , , ,