>>浜崎あゆみの父親の招待とは!?真相はこちら

勝谷誠彦に娘(子供)はいるの?離婚経験もあった!現在の結婚相手は?


勝谷誠彦さんですが、あまりご家族のことを話しませんが、なんでも離婚経験があるそうです。
で、ネットを見ていると『勝谷誠彦 娘』と出てきますが娘(子供)はいらっしゃるのでしょうか?
ちなみに現在の結婚相手は誰なんでしょうか?
 


Sponsored Link

勝谷誠彦に離婚経験があった!

 
勝谷誠彦さんですが兵庫県知事選に出馬されておりましたね。※結果は落選でした。
ちなみに勝谷誠彦さんは文藝春秋で記者をされていました。
その時のことを回想しながら兵庫県知事選で

「10年に1回くらい、人生をリセットしたくなるんですよ。
文藝春秋をやめたときもそうだったし、離婚をしたときもそう。
今回はまさにそれなのかもしれない(笑い)。
でも、自分の人生なんだから、好きなように生きないと面白くないですからね。
ただ、選挙資金は基本的に私の貯金から出てますから、今後の生活は大変だと思います(笑い)」

とおっしゃっておりました。
結婚離婚経験があるのがこれで判明した感じです。
で、子供がいるかどうかは公表されておりません。
※私の調査が足りなくてどこかで発表されておりましたら申し訳ありません。
ただ、勝谷誠彦さんをネットで調べると『勝谷誠彦 娘』と出てきますがなぜなんでしょうか?
 

勝谷誠彦,娘,子供,離婚,経験,現在,結婚,相手
 

勝谷誠彦に娘(子供)はいるの?

 
勝谷誠彦さんですが、子供がいるのかどうかはわかっておりません。
後述しますが現在パートナーはいらっしゃるようでその方に子供はいらっしゃいます。
が、勝谷誠彦さんの子供ではないようです。
では、なぜ、ネットで『勝谷誠彦 娘』と検索されているユーザーがいらっしゃるのでしょうか?
それはおそらくフェイスブックで

 
というようにももクロメンバーのことを勝谷誠彦さん自身がと呼んでいるからではないでしょうか?
ちなみに勝谷誠彦さんはズバッというタイプの評論家の方で、以前は「子どもを新幹線に乗せるな」とおっしゃっていたような気がしますね。。。
ここは推測になってしまうのですが、
子供はいらっしゃらないような気がします。か、子供がいても子育てはしていないのかな?と思ってしまいます。
では、勝谷誠彦さんの現在のパートナーは誰だったのでしょうか?
Sponsored Link

勝谷誠彦の現在の結婚相手は?

 
まず、最初に謝らないといけませんね。
勝谷誠彦さんの現在の結婚相手と言っておりますが、現在のパートナーになります。
結婚はされていないようです。
ただ、結婚する意志はあったのだと思います。
勝谷誠彦さんの現在のパートナーは甲賀瑞穂さんという方でした。
甲賀瑞穂さんのプロフィールは

勝谷誠彦,娘,子供,離婚,経験,現在,結婚,相手

引用:https://blog.goo.ne.jp/mizuhohime2005/m/200704

生年月日 1973年6月30日
現年齢 45歳
出身地 東京都
血液型 O型
公称サイズ(2001年時点)
身長 / 体重 171 cm / ― kg
スリーサイズ 86 – 59 – 88 cm
単位系換算[表示] 活動
ジャンル キャンペーンガール
備考 モデル
他の活動 タレント
その他の記録
甲賀 瑞穂(こうが みずほ、1973年6月30日 – )は、日本のファッションモデル、タレントである。
引用:wikipedia

です。
甲賀瑞穂さんが突然ブログで勝谷誠彦さんとパートナーの関係であることを発表しましたね。

私、甲賀瑞穂は
コラムニストでもある
勝谷誠彦氏と
パートナー関係にあります
入籍、同居は
子ども達が成人するまでは
全く考えておりませんが
この先の人生のパートナーとして
古くからの仲の良い勝谷氏と
一般的な形に拘らず
共に歩んでゆくつもりでいます
引用:https://ameblo.jp/kougamizuhohime/entry-12289935750.html

というように結婚する意志はあったようですが、甲賀瑞穂さんの子供たちが成人するまでは結婚しないということでした。
なので、現在も勝谷誠彦さんは結婚されていないと思います。
ちなみに甲賀瑞穂さんに子供が二人いらっしゃりどちらも男の子ですので、結婚されていたとしても勝谷誠彦さんの娘ではないですね。
最後に、勝谷誠彦さんが鬼籍に入られて残念です。
この方は好き嫌いがはっきり分かれる方だと思いますし、晩年は少し迷走していた感じはあります。
ありますが、迷走するまでは結構ズバッと言ってくれるので好きな部類の方でした。
※勝谷誠彦さんの意見を全面的に肯定しているわけではありませんのご理解ください。
57歳という若さなので残念です。ご冥福をお祈りいたします。
それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です