箱根駅伝2019 伴走車のトヨタの社長専用センチュリーが目立つ!値段はいくら?

   

    

箱根駅伝2019年ですがスタートから大東大の新井選手が転倒するなど波乱の幕開けでしたね。

で、もう一つ気になるのが、今までプリウスが目立っていたのに今回は伴走車がトヨタのセンチュリーGRMNとなっております。

目立つな~(笑)

値段はいくらぐらいなのでしょうか?

 


 
 
Sponsored Link
 

 

箱根駅伝2019年 伴走車のトヨタの社長専用センチュリーが目立つ!

 

箱根駅伝2019年伴走車のトヨタの車が、あれ?プリウスじゃない。

クラウンでもないな~と思っていたら

 



 

というようにセンチュリーGRMNという車らしいです。

このセンチュリーGRMNですが、この白色はなんでも社長専用車だそうですよ(笑)

ノーマルの新型センチュリーには白もしくは白系のボディーカラーは存在しないのです。

引用:https://clicccar.com/2018/09/23/632319/

上の記事が2018年9月の記事なのでその時はまだ社長専用車ということでした。

その後、欲しいという人のために作ったのかな?

 

箱根駅伝,2019,伴走車,トヨタ,社長専用,センチュリー,GRMN,値段,いくら

 

箱根駅伝2019年の伴走車センチュリーの値段はいくら?

 

箱根駅伝2019年の伴走車であるセンチュリーの値段はいくらでしょうか?

社長専用車ではないセンチュリーのメーカー希望価格が19,600,000円となっております。

そう190万円じゃなく、1900万円超え。。。(苦笑)

ちなみに色は

神威(かむい)エターナルブラック〈225〉

摩周(ましゅう)シリーンブルーマイカ〈8J9〉

飛鳥(あすか)ブラッキッシュレッドマイカ〈3P6〉

精華(せいか)レイディエントシルバーメタリック〈1C0〉

が一般的な色となっております。

なので本当に箱根駅伝2019年で走っている車は特別仕様のセンチュリーとなるわけです。

で、社長専用車である今回の伴走車であるセンチュリーGRMNはどれぐらいするのでしょうか?

調べたところ推測になってしまいますが、新車価格は3000万円はくだらないかなと言われております。

3000万円が走っている。。。(笑)

 

 
Sponsored Link
 

 

箱根駅伝2019年 伴走車のトヨタセンチュリーGRMNのスペックは?

 

箱根駅伝2019年の伴走車であるトヨタのセンチュリーGRMNのスペックはどうなっているのでしょうか?

スペック自体は通常のセンチュリーと違いはないそうです。

なので

ボディサイズ(全長×全幅×全高): 5,335×1,930×1,505
パワートレイン: 5L・V型8気筒ハイブリッドエンジン(2UR-FSE)
最高出力(kW[PS]/rpm):  280[381]/6,200
トランスミッション:  CVT
駆動方式: 2WD
燃費:  13.6km/L(JC08モード燃費)

というのは変わらないのではないでしょうか?

ただ、

『究極の社長専用車「センチュリーGRMN」がスーパー耐久もてぎ戦に現れた!』
https://clicccar.com/2018/09/23/632319/

で書かれておりますが、

車高を落としている

ホイールは全くの別物

などなど内装や外装など変更はあるようです。

ただ、これを箱根駅伝に出してくる目的ってなんですかね?(笑)

でも、一度でいいから乗ってみたいですね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 話題 , , , , , , , ,