佐藤愛香の現在は?その活躍がもう一つのなでしこジャパンとして映画化された!


なでしこジャパンの川澄奈穂美選手と一緒にサッカーをされていた佐藤愛香選手。
佐藤愛香選手ですが耳が聞こえないといことですが、ろう者女子サッカー日本代表に選ばれていました。
そんな佐藤愛香選手の現在は何をされているのでしょうか?
また、その活躍がもう一つのなでしこジャパンとして映画化されていました。
川澄奈穂美選手と佐藤愛香選手が中学時代活躍されていた「大和シルフィード」の監督はなんと佐藤愛香選手のお父さんだそうです。
 


 
Sponsored Link
 

佐藤愛香の現在は?

 
佐藤愛香さんですが川澄奈穂美選手に誘われてサッカーを始めました。
そこから耳が聞こえないハンデを乗り越えてGKになり、大会最優秀選手にも選ばれています。
また、ろう者女子サッカー日本代表に選ばれ、
2009年に台北開催の開かれた第21回夏季デフリンピック
2013年ブルガリア開催の第22回ソフィアデフリンピック
に出場されております。
で、佐藤愛香さんの現在ですが直近はわかりませんが、日本ろう者サッカー協会の理事をされていたそうです。
現在も続けているかどうかまではHPに載っていなかったので確認できませんでした。
ただ、佐藤愛香さんは高校卒業後は一度サッカーを離れていた時期もあり、その時はアニメ関係の専門学校に進学し、障害者枠で一般企業に就職していました。
その為、またどこかの会社で働かれているのかもしれません。
 

佐藤愛香,現在,もう一つのなでしこジャパン,映画化
 

佐藤愛香の活躍がもう一つのなでしこジャパンとして映画化された!?

 
佐藤愛香選手だけではないんですが、ろう者女子サッカー日本代表の2009年の台北開催の開かれた第21回夏季デフリンピックでの活躍がもう一つのなでしこジャパンとして映画化されています。
それが『アイコンタクト』という中村和彦監督が撮った映画となっています。
 

 


となります。
ちなみにこのときの結果は
(グループA:アメリカ・南アフリカ・ドイツ・デンマーク)
(グループB:日本・タイ・イギリス・ロシア)
・試合結果
第1戦・vsイギリス 1-6 敗北
第2戦・vsロシア 0-10 敗北
第3戦・vsタイ 5-0 勝利
第4戦・vsデンマーク(グループA3位) 1-2 敗北
となり、出場8か国のうち6位という成績でした。

 
Sponsored Link
 

佐藤愛香と川澄奈穂美が育った「大和シルフィード」の監督が佐藤愛香のお父さん!

 
中学生以降の女子がサッカーする環境があまりないことから「大和シルフィード」というチームが結成されました。
その「大和シルフィード」を立ち上げたのが加藤貞行さん。
で、「大和シルフィード」の監督をやられたのが佐藤愛香さんのお父さんになります。
また、「大和シルフィード」のマネージャーをやられていたのは佐藤愛香さんのお母さんになります。
この「大和シルフィード」が無ければ佐藤愛香さんや川澄奈穂美さんは育っていなかったと思いますね。
ちなみに佐藤愛香さんのお父さんは佐藤愛香さんに障害があることがわかって仕事を辞められたそうですが、それまではお父さんは小中高とサッカーをやって、サッカーの指導をしたいということで中学校の教員になった人で、中学校では10年の指導をされてました。
もう一つ小ネタをINACの応援席にい掲げられている川澄奈穂美選手のかわいい横断幕は佐藤愛香さんがなにげなく描いた絵がもとになっているそうです。
それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です