渋沢栄一の子孫の現在は?子供が約20人もいた?【家系図】


2019年4月に今までの福沢諭吉から新一万円札になることが決定した渋沢栄一
渋沢栄一は明治政府の大蔵省に出仕した後、第一国立銀行や東京証券取引所など日本の多くの企業に関わったことから「日本資本主義の父」と呼ばれています。
そんな渋沢栄一子孫の現在は何をされているのでしょうか?
というか渋沢栄一には子供が約20人もいたとか、、、本当に?w【家系図
 


Sponsored Link

渋沢栄一には子供が約20人いた?

 
渋沢栄一は1840年3月16日に生まれ、1931年11月11日になくなられています。
となると子孫は子供→孫→ひ孫という感じで結構多岐にわたりますね。
渋沢栄一は女関係が派手だったそうです。
渋沢栄一は結婚自体は2回しています。
最初の妻は千代(1841年 – 1882年)といい、コレラにかかってなくなっています。
その後、兼子という奥さんと再婚されています。
ただ、渋沢栄一は女関係が派手で妾が何人もいたそうで。。。。
大蔵省時代には自宅に妾と一緒に住んでいたそうです。
で、千代の子供は歌子、琴子、篤二、兼子の子供は武之助、正雄、愛子、秀雄と言われていますが。
庶子(妾の子供といって父が認知した呼び方(現在は廃止)の子供)を合わせると20人もいるそうです。。。
 

渋沢栄一,子孫,現在,子供,20人,家系図
 

渋沢栄一の子孫の現在は?

 
渋沢栄一子孫の現在は?というと。
wikipedia先生を頼ると
まずは子供から

長女:歌子(1863年 – 1932年) – 法学者の穂積陳重男爵に嫁ぐ。著書に『穂積歌子日記』。
二女:琴子(1870年 – 1925年) – 大蔵大臣、龍門社理事長となった阪谷芳郎子爵に嫁ぐ。
長男:篤二 (1872年 – 1942年) – 澁澤倉庫会長、妻は伯爵・橋本実梁の娘敦子。渋沢家嫡男であったが廃嫡となり長男敬三が栄一嫡孫となる。理由は諸説あり定かでは無い。新橋の芸者・玉蝶との遊蕩を理由との説もあるが、事業家というより感性豊かな芸儒家肌で蒲柳の質を心配された為とも伝わる。
二男:武之助(1886年‐1946年) – 石川島飛行機製作所2代目社長
三男:正雄(1888年 – 1942年) – 日本製鐵副社長。石川島飛行機製作所初代社長。
三女:愛子(1890年 – ?) – 澁澤倉庫会長、第一銀行頭取、龍門社理事長となった明石照男に嫁ぐ。
四男:秀雄(1893年 – 1984年) – 東京宝塚劇場会長、東宝取締役会長。
庶子:ふみ – 母は大内くに(1853年 – ?)。東洋生命社長となった尾高次郎に嫁ぐ。次郎は栄一の妻千代の兄尾高惇忠の子。
庶子:照子(? – 1927年) – 母は大内くに。富士製紙社長となった大川平三郎に嫁ぐ。平三郎は栄一の妻千代の姉の子。
庶子:星野辰雄(1893年 – ?) – 東京印刷社長・星野錫の養子になり、のち立教大学教授。栄一の長女歌子の夫穂積陳重の弟穂積八束の次女と結婚。
庶子:長谷川重三郎(1908年 – 1985年) -第一銀行頭取。
養子:平九郎(? – 1868年) – 栄一の妻千代の弟。飯能戦争で新政府軍に敗れて自決。

次は渋沢栄一の孫を見てみましょう

穂積重遠 – 歌子の長男。法学者、最高裁判事。
穂積真六郎 – 歌子の四男。朝鮮総督府殖産局長から朝鮮商工会議所会頭。のち参議院議員。
阪谷希一 ‐ 琴子の長男。満州国総務庁次長。中国聯合準備銀行顧問。
渋沢敬三 – 篤二の長男。子爵、民俗学者、澁澤同族社長、澁澤倉庫取締役、第一銀行副頭取、日銀総裁、大蔵大臣。父・篤二の廃嫡後に祖父・栄一より後継者に指名される。
渋沢信雄 – 篤二の次男。貿易商。澁澤倉庫監査役、妻は音楽教育家齋藤秀雄の妹。
渋沢智雄 – 篤二の三男。澁澤倉庫常務。
鮫島純子 – 正雄の次女。鮫島員重(岩倉具視の曽孫、鮫島具重の子)の妻。『祖父・渋沢栄一に学んだこと』『なにがあっても、ありがとう』など著書あり。
明石正三 – 愛子の三男。足利銀行監査役。
明石武和 – 愛子の七男。味の素常務。
渋沢一雄 – 秀雄の長男。アコーディオン演奏者、音楽家。
渋沢華子 – 秀雄の三女。小説家。
尾高豊作 – ふみの長男。実業家、教育者。
尾高朝雄 – ふみの次男。法哲学者。
尾高邦雄 – ふみの三男。社会学者。妻は哲学者和辻哲郎の娘。
尾高尚忠 – ふみの四男。指揮者、作曲家。

芸術家などいろいろな子孫がいらっしゃるんですね。
では、その渋沢栄一のひ孫はどうなっているんでしょうか?

渋沢寿一 – NPO法人樹木環境ネットワーク協会専務理事。
渋沢雅英 – 敬三の長男。渋沢栄一記念財団理事長、東京女学館理事長、イニシアティブス・オブ・チェンジ顧問。
阪谷芳直 – 銀行家、エコノミスト、思想家、翻訳家。
穂積重行 – 西洋史学者。
岩佐美代子 – 国文学者。
石黒孝次郎 – 古美術商、レストラン経営者。
久留都茂子 – 東京女学館短期大学学長。
尾高煌之助 – 経済学者。
尾高惇忠 – 作曲家。
尾高忠明 – 指揮者。
河野典子 – 河野雅治駐ロシア特命全権大使の妻。
大川慶次郎 – 競馬評論家。
諸井勝之助 – 会計学者。諸井貫一(渋沢家・尾高家の遠戚)の婿養子。

となっています。
渋沢雅英さんの顔画像は
 

渋沢栄一,子孫,現在,子供,20人,家系図
 
で、子孫である渋澤 健さんの顔画像
 
渋沢栄一,子孫,現在,子供,20人,家系図
 
となっています。
Sponsored Link

渋沢栄一の子孫の家系図は?

 
渋沢栄一の家系図を見てみたいと思います。
渋沢栄一の家系図
 

渋沢栄一,子孫,現在,子供,20人,家系図

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%8B%E6%B2%A2%E6%A0%84%E4%B8%80#cite_ref-34
尾高惇忠 (実業家)の家系図
 
渋沢栄一,子孫,現在,子供,20人,家系図

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E9%AB%98%E6%83%87%E5%BF%A0_(%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%AE%B6)#%E7%B3%BB%E5%9B%B3
穂積家 (伊予国)家系図
 
渋沢栄一,子孫,現在,子供,20人,家系図

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%82%E7%A9%8D%E5%AE%B6_(%E4%BC%8A%E4%BA%88%E5%9B%BD)#%E7%B3%BB%E5%9B%B3
諸井恒平家系図
 
渋沢栄一,子孫,現在,子供,20人,家系図

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%B8%E4%BA%95%E6%81%92%E5%B9%B3#%E7%B3%BB%E5%9B%B3
となっています。
渋沢栄一は子孫がたくさんいるので多岐にわたっていますね。
紙幣が福沢諭吉から渋沢栄一に変わるのは2024年ということです。
色々考えられるので資産運用をしっかりしていきたいですね。
それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です