ノートルダム大聖堂火災の原因は?尖塔の崩壊の動画が衝撃的!ガーゴイルにはもう会えないの?


フランスのパリ中心部にあるノートルダム大聖堂火災で崩壊しました。
そのノートルダム大聖堂火災原因は何でしょうか?
また、尖塔の崩壊動画が衝撃的でした!
あのガーゴイルにはもう会えないんですかね。。。(-_-;)
 


Sponsored Link

ノートルダム大聖堂火災の原因は?

 
歴史的建造物のフランス、パリにあるノートルダム大聖堂火災にあっています。
ノートルダム大聖堂は木造建築で
 


屋根裏はこのように木造になっています。
これに火が付いたようですね。。。
ちなみに現場検証はまだ行われていないのではっきりとした原因はまだわかっていないようですが。
おそらく補修工事をしていて、火を使うことはないとは思うんですがおそらく何か電気とかがショートしたのではないでしょうか?
補修工事がノートルダム大聖堂の火災の原因ではないかといわれています。
また、補修に使われるはんだごてが原因ではないかとも言われています。
 

ノートルダム大聖堂,火災,原因,尖塔,崩壊,動画,ガーゴイル
 


高熱になるので何かに燃え移ったのか、電気がショートしたのか、、、

ノートルダム大聖堂,火災,原因,尖塔,崩壊,動画,ガーゴイル
 

ノートルダム大聖堂火災 尖塔の崩壊が衝撃的でした。。。

 
ノートルダム大聖堂火災で、ノートルダム大聖堂はほぼ全焼ということです。
衝撃的だったのが、ノートルダム大聖堂の尖塔が燃えて崩れ落ちるシーンが衝撃的でした。
その動画があったのでご紹介したいと思います。
 



なんか日本ではないですが泣けてきますよね。。。
金閣寺とかが燃えるとこういう感じになったりするんですかね。。。
ちなみにノートルダム大聖堂には芸術作品などが結構あったと思いますが、どうなったのでしょうか?

Sponsored Link

ノートルダム大聖堂火災 ガーゴイルにはもう会えない?

 
ノートルダム大聖堂には芸術作品が結構あったと思います。
その美術作品たちはどうなったのでしょうか?
 


この報道によれば美術品や聖遺物などの秘宝は全部無事ということでした。

エマニュエル・グレゴワール(Emmanuel Gregoire)パリ副市長はテレビ局BFM TVに対し、尖塔は「内側に崩れ落ちた」と説明。寺院は「甚大な損傷」を受けたとし、救援隊員らが「救い出せるすべての芸術作品を救う」ために奔走していると述べた。
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000000-jij_afp-int

消防隊員が頑張ってくれたようですね。
ただ、塔の一部でもあるガーゴイルにはもう会えないなんですかね。。。
 


さすがにこれは持ち出せないので崩壊してしまったんですかね。。。
石のようなので奇跡的に残っているとかないんですかね。。。。
やっぱり残念です。
ただ、ガーゴイルが石像から燃えて世の中に解き放たれたという考え方も出来ますかね。
それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です