天皇即位のパレードはいつ?日程やルートは?車(センチュリー)の値段は?


新元号も令和に決まりいよいよ平成も終盤を迎えて新しい時代の幕開けという感じがしてきました。
現天皇が退位された為、新天皇陛下が即位されるということで多様な催し物がありますが、まずは新天皇即位パレードの日程いつなのか、パレードルート、パレード使用の際に使われる特別使車(センチュリー)の値段ついて気になったので情報を調べてみました。


 
Sponsored Link
 

天皇即位のパレードの日程はいつ?

 
新天皇が即位されはじめに国民から祝福を受けるパレードを「祝賀御列(おんれつ)の儀」といいます。
パレードの日程は令和元年10月22日です。
この日は、国内や海外から沢山の賓客を招く「即位礼正殿(せいでん)」も催されます。
「祝賀御列(おんれつ)の儀」と「即位礼正殿(せいでん)」は平日ですが、国事行為に当たるので10月22日は休日となります。
「祝賀御列(おんれつ)の儀」を調べてみると宮内庁のHPにありました。
天皇が即位礼正殿の儀の終了後、広く国民にご即位を披露され、祝福を受けられる儀式と記載されていました。

天皇即位,パレード,いつ,日程,ルート,車,センチュリー,値段

天皇即位のパレードのルートは?

 
祝賀御列(おんれつ)の儀に参加したりする方や周囲にお住まいの方などが気になるのはパレードのルートですよね。
そこでどんなルートになるのか調べてみました。
新天皇即位のパレードをコースとして現時点で準備されているのは以下の3コースです
1.昭和から平成代替わり同様に青山通りを通るコース
2.皇太子ご成婚パレード同様の新宿通り通りるコース
3.桜田門を南下して虎ノ門交差点を右折して外堀へ進むコース
1、2は過去に使われたパレードコースで、3は過去に使われたことのないコースです。
ところでパレードに関する交通規制についてですが、まだ警視庁の方から出ていません。
ただ、昭和から平成に代替わりの時パレードを見に来た方は約7万人を越えたとも言われています。
そして、そこに導入された警察官の数は1万人と言われています。
今回は前天皇が崩御された訳ではないのでお祭り感が強いとも言われてるので、令和元年のパレードは、かなりの交通規制が敷かれるということを覚悟した方がいいですね。

 
Sponsored Link
 

天皇即位のパレードで使う車(センチュリー)の値段は?

 
昭和から平成に変わったと時の天皇即位パレードでは、ロールスロイスが使われましたが、
新天皇の即位を披露する2019年秋のパレード「祝賀御列の儀」に、政府が国産オープンカーを使う方針を固めたことが発表された。
「祝賀御列の儀」は、即位礼正殿の儀終了後、広く国民に新天皇皇后両陛下の御即位を披露し、祝福を受けられるために行われるもの。
お車について検討する際、以下の3案が提示された。
第1案=平成度の御料車を整備
第2案=新車を購入
第3案=現在の御料車を使用
第1案の「平成度の御料車」は、今上天皇の「祝賀御列の儀」と皇太子ご夫妻の成婚パレードで使用された「英ロールスロイス社コーニッシュIII」。
しかし2007年に廃車されて修理はほぼ無理という話になり却下。
第3案の「現在の御料車」は、トヨタ社の「センチュリーロイヤル。2代目センチュリーをベースに、宮内庁に納入するために開発された専用車種。
しかし導入後40年近く経過し、老朽化などで維持が限界となり「ニッサンプリンスロイヤル」の後継車として、2006年7月から調達されている
となると、消去法により 第2案の「(新車を購入」の方針が強くなり、式典委員会が国事行為のパレードに相応しい車として要件を設定しその結果、センチュリーとなりました。

天皇即位,パレード,いつ,日程,ルート,車,センチュリー,値段

新車に求められる要件は、以下の通り。
(1) 国内で入手可能
(2) 車列を組む他の車両より車格が高く、サイズが大きい
(3) 後部座席に一定の広さを確保可能
(4) 安全性能(衝突安全、自動ブレーキ等)が高い
(5) 環境性能(燃費、排出ガス浄化性能等)が高い
後部座席にご乗車になる天皇皇后両陛下のお姿が沿道等から見えやすいこと。
・環境物品等の調達に関して内閣府本府が定める方針(平成30年度)に合致すること。
・車体強度の確認、試験走行等を十分に行った上で、儀式までに余裕をもった期日までに確実に納車される見込みがあること。
・用途に支障をきたすことのないよう良好な整備・保守サービスを継続的に受けることのできる体制が整えられていること。
・儀式終了後の有効活用や日常の保守管理が容易であること。
これだけ要件が揃ってると気になるのは値段ですよね?
新天皇が即位を国民に披露するパレード「祝賀御列の儀」で使う車の調達費として、ズバリ!総額8千万円が計上されています。
国民とは違うので当然の金額というかんじがしますよね・・・
気になる新天皇の「祝賀御列の儀」の日程、ルート、パレード車「センチュリー」の値段についてご紹介しました。
10月の「祝賀御列の儀」パレードが今から楽しみですね。
それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。
 
Sponsored Link
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です