隅田川花火大会2019 穴場スポット!子連れで行けるベスト3を紹介


隅田川花火大会は江戸時代から続く日本最古の花火大会で、日本で一番人手が多いと言われている花火大会です。
そんな混雑必至の隅田川花火大会ですが、子供にも花火を見せてあげたいので打ち上げ会場から少し離れていてもいいから混雑を避けて人が少ない場所で見たいですよね。
今回は隅田川花火大会2019子連れで行ける穴場スポットをご紹介したいと思います。


 
Sponsored Link
 

隅田川花火大会2019 穴場スポット!子連れで行けるベスト1を紹介

 
 

 
隅田川花火大会2019 子連れで行ける穴場スポット、まずは東京スカイツリーの展望台があります。
スカイツリーの展望デッキは350mの高さです。
東京スカイツリーに近い方の会場(第一会場)でも800m離れているのです。
花火会場は有料観覧席が最適な観覧場所になる様に設計されていますので250m~300mで観るのは迫力があって良いです。
その他に近場では浅草寺花やしきの屋上、浅草寺の境内があります。
花やしきでは、入場料は必要ですが観覧自体は無料なので、昼間に遊んで夜は観覧車にする事もいいかと思います。
また施設が充実しているのでお子さんに受けが良いと思います。
浅草寺も見落としがちですが、良い花火穴場スポットです。
 
Sponsored Link
 

隅田川花火大会2019 穴場スポット!子連れで行けるベスト2を紹介

 


隅田川花火大会2019 子連れで行ける穴場スポットで、その他は両国国技館があります。
第二会場から開いているのですが、穴場スポットとして注目されているのが両国国技館です。
建物によって見えにくい事がありますが、打ち上げ時の混雑を避ける意味でもおすすめです。
また駅から近いのでトイレの心配はそんなにいらないでしょう。
その他には、タワーホール船堀があります。
すこし遠いのが少し難点ですが、花火観賞をするためにはオススメの穴場です。
またその他には、水戸街道があります。
どちらの会場も花火を鑑賞するには良い穴場スポットです。
時間になれば歩行者天国となるので、家族連れでも安心です。
また、コモディイイダ東向島もあります。
ここは先着300名様の限定ではありますが、屋外駐車場を無料開放してくれるところが良いです。
先着順ではなく店舗のポイントカード等の条件を満たせば閲覧する事ができます。
 
Sponsored Link
 

隅田川花火大会2019 穴場スポット!子連れで行けるベスト3を紹介

 


隅田川花火大会2019 子連れで行ける穴場スポット他には、荒川の土手があります。
京成電鉄の八尾駅近くに位置します。
会場から離れた場所に位置するので混雑もなく花火を楽しめます。
小さいお子さんがいても家族で十分楽しめる所が魅力です。
また大横河親水公園があります。
第一会場、第二会場どちらの会場も見る事ができます。
特におすすめの場所は、園内のちびっこ広場で、少し高い位置から鑑賞できるので良いと思います。
また、汐入公園も花火会場から距離はありますが、花火スポットとして知られています。
ただ穴場スポットとして知られているので多少混雑する事がありますので、早めの日付と場所と確保しておくと良いでしょう。
会場から少し離れていますが芝生にシートを広げてゆったり見れます。
早めに汐入公園に行って花火が上がる時間まで子供を遊ばせていられるのでいいですね。
他は、銅像堀公園があります。
周りにビル類がないので、場所が比較的取りやすいという利点があります。
また東白髭公園があります。
第一会場の花火を鑑賞するにはとっておきの場所です。
公園なので少し早く行って公園で遊んでそれから花火を鑑賞することもいいでしょう。
当日は、ゴザを貸し出してくれるサービスもあります。
またアサヒビールタワーもあります。
隅田川花火の穴場として広く知られています。
なかでも、21階のフレンチレストラン、22階のビールが飲める喫茶があります。
誰と行くかによって店を決めると良いでしょう。
隅田川花火大会をお子さんと行って楽しむには安全の為、打ち上げ会場から少し離れた場所から観覧することです。
そうすると花火全体が良く見えて良いでしょう。
また混雑を避けるために、早めに観覧場所へ行って、混雑に巻き込まれない様に花火が終わる前に駅に向かいましょう。
それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です