なにわ淀川花火大会2019年 車で行った際の穴場駐車場は?交通規制の場所は?


なにわ淀川花火大会は、関西で有名というよりは、全国で有名な国内最高峰の花火大会です。

なにわ淀川花火大会の画像
例年、53万以上の人出があります。2019年の開催日は8/10(土)です。
19時40分~20時40分頃 雨天決行 ※順延はありません。
そこでなにわ淀川花火大会に行く時の車の穴場駐車場について説明します。
また、交通規制はあるのでしょうか?
Sponsored Link

なにわ淀川花火大会2019年 車で行った際の穴場駐車場は?

 
淀川花火大会当日は、広範囲に渡って周辺道路の交通規制がありますので、十三駅や塚本駅周辺の道路や淀川通と呼ばれる、花火打ち上げ場所周辺は車両が通行止めになります。
その影響でその周辺道路も大渋滞します。
特に国道176号線や大阪伊丹線は混雑します。
これだけ混雑するのであれば、淀川花火大会に車で行くことは可能かどうか、結論を言うと会場周辺には車で行くことはやめておいた方が良いと思います。
花火大会が終わっても、なかなか車が動かないですし駐車場を確保するのが大変です。
駐車場が空いていたとしても、高料金を支払わされるか、最悪の場合どこにも止めることが出来ません。
淀川花火大会の公式ホームページに「お車でのご来場は絶対にご遠慮ください」と記されてされている程ですので、淀川花火大会に車で行く際は「三国駅」や「東三国駅」に駐車して移動するのが良いと思います。

Sponsored Link

なにわ淀川花火大会2019年 車で行った際の穴場駐車場は?

 
では、なにわ淀川花火大会2019年 車で行った際の穴場駐車場とはどこになるんでしょうか?
十三と中津付近の駐車場では、十三駅から近く割と安いとされている駐車場が大興パーキングです。
普段は700円で停められますが、花火当日は特別料金が設定されます(3000円)。
この周りのわずか数台しか停められないコインパーキングに停めることはあまりお勧め出来ません。
なぜなら特に十三会場から駅に向かうルートに近ければ、車を傷つけられたということがよくあるそうです。
なので、停める際は立体駐車場の方が良いです。
中津も一日の上限が600円~800円とかで停められる駐車場も何箇所かありますが、これらは交通規制の対象なので、帰りたい時に帰れない場合が多いです。
塚本駅周辺はなにわ淀川花火大会のメイン会場が十三や中津を除くと最も近い駐車場になります。
駐車場も最大料金が600円から停められますし、良い場所であると言えます。
注意が必要なのは淀川通は交通規制の対象や周辺道路についても渋滞になりやすく、間違っても淀川通に近いところで停めるのは良くないです。
塚本駅の北側の駐車場に停めておくのが、良いと思います。
御幣島駅周辺にも多くの駐車場があります。
また、梅田からは少し離れているので安値で停めることも可能です。

Sponsored Link

なにわ淀川花火大会2019年 交通規制の場所は?

 
先ほどから交通規制というのが出てきていますが、なにわ淀川花火大会2019年 交通規制の場所はどこになるんでしょうか?
まず最初に押さえておきたいのは交通規制の開始・終了時刻です。
花火大会の当日、18時から23時までが交通規制の時間帯となります。
17時より早い時間であれば車の異動も可能と思いますが、おすすめはしません。
自動車で交通規制や渋滞に巻き込まれると大幅に時間をロスしてしまうので、ホテルなどで観覧する人などは、午前中に目的の場所へ移動しておくのが良いでしょう。
また会場周辺の道路は駐車禁止となります。
駅を中心に車両の通行が困難になるだけでなく歩行者もかなり多いのでその場合は電車での移動をおすすめします。
交通規制の場所はこちらになります。

なにわ淀川花火大会2019年の交通規制の場所
 
なにわ淀川花火大会2019年の交通規制の場所
引用:https://www.yodohanabi.com/kisei.html
河川敷の場所取りは、12時からとなります。
なお、12時までに場所取りをされた場合は、無人有人に関わらず撤去されますのでご注意ください。
場所を確保した場合は花火大会の時間が来るまでそこで滞在するか、違う所に行くかは自由です。
楽しい花火大会にするためにルールを守りましょう。
毎年50万人の人が訪れる花火大会なので混雑は避けられませんが、穴場スポットならばなるべく混雑を避ける事が出来るでしょう。
そしてゆっくり花火を楽しむ事ができます。
ゆっくり花火を鑑賞したいのであればこれらのスポットを利用する事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です