足立の花火2019 場所取りの時間帯や穴場スポット他5選!


東京都の夏の花火大会の最初にあるのは足立の花火大会です。
この足立の花火大会は約100年の歴史もあり、昔から地元の人やいろいろな場所から大勢の人が訪れて楽しまれています。
2019年の開催日程は、2019年7月20日で、時間帯は19時30分~20時30分となっています。
そこで足立の花火を十分に楽しむために場所取りから穴場スポットなどを説明します。


Sponsored Link

足立の花火2019 場所取りの時間帯は?

 
足立の花火2019 場所取りの時間帯は決まってるのでしょうか?
足立の花火大会は当然ながら混み合います。
花火を見やすい場所などは場所取りなども激しく、朝から確保しに来る人もいます。
打ち上げ会場が東京都足立区千住大川町にある荒川河川敷(JR北千住駅周辺)となります。
打ち上げ場所は千住側で、観覧する領域として千住側の一部と、西新井側が利用可能とされます。
一番人気の場所はやはり花火に一番近いところの千住側観賞エリアになりますが、ここは毎年人気が良い場所をとるのが難しい激戦区となります。
毎年当日から1~2週間前には河川敷に場所取を取るためのシートを置く人もいます。
千住側で見る事が希望なら、7月中旬からもう様子見を始める必要がありそうです。
当日場所取りをするにしても14時前には現地にいないと、場所を取られてしまいなくなってしまうでしょう。
西新井側は千住側程混みあわないので、余裕を持った場所取りを望むならこちらが狙い目です。
より良い場所を狙うなら遅くとも15時までに、少なくとも場所だけ取れればいいなら16時近くに着けばなんとかなるかもしれません。
足立花火大会会場付近のスポットは基本的に見えるエリアは全てかなりの人気のあるスポットとなってしまうので、お店のように予約ができるところなら予約をすること、そうでければ人気エリアは14時~15時までに場所取りに動き出すことをお勧めします。

Sponsored Link

足立の花火2019 有名スポット

 
やっぱり穴場よりも混雑しようが、見やすい場所が良いという人もいます。
また場所取りを朝から出来る人なら、良いスポットに行ったほうがいいと思います。
そこでまずは、荒川河川敷運動公園(運動野球場周辺)が有名スポットとしてあげられます。
 

 
もうここは有名で、花火を間近で見る事が出来る1番良いスポットです。
ただし、それは混雑していない場合のことであり、当然ながらそんなことはありません。
その日の早朝から場所取り人も少なくないので、かなり考えて気合を入れないと確保できません。
最大の激戦区となるので、もう頑張って席を確保してください。
次のスポットは、荒川西新井橋緑地です。
 
こちらは打ち上げ場所とは反対側の梅島駅に位置しています。
しかし、こちらもよく間近で見られて、絶好のポイントです。
北千住側よりも多少空いてるので、こちらのほうがおすすめという人もいます。
そうは言っても普通に混雑はするので、良い場所で見たい人は早くからの確保が必須です。
また花火によってライトアップされたスカイツリーも見ることができるので、コラボレーションなども楽しめるという利点がります。
Sponsored Link

足立の花火2019 穴場スポット

 
足立の花火2019 穴場スポットは、荒川江北橋緑地です。


こちらは打ち上げ場所から少し遠くはなりますが、混雑はあまりしないのでおすすめです。
当日に花火を少し見たい人だったり、家族など子供がいる方などはこちらの方がいいかもしれません。
また扇大橋周辺も穴場スポットです。
 

こちらも打ち上げ場所より多少距離が離れていますが、十分に鑑賞できるスポットです。
打ち上げ場所から離れているということもり、混雑はあまりしていません。
ゆっくり見るのにはいいかなと思います。
尾竹橋通り 西新井橋周辺の河川敷も穴場スポットです。
 
こちらは千住新橋付近の場所取りがうまくできなかった場合に、この場所付近に行くとまだ空いていることがあります。
駅から少し離れているということもあり、意外とそんなに混雑していないことがあります。
ただ普通によく見やすいスポットなので、少なくとも場所取りなどは必要かと思います。
荒川西新井橋緑地がもう満員ぎみだったら、この場所にこちらに来る人もいます。
都内屈指の人気を誇る、今年2019年で第41回を迎える足立の花火大会。
 
 
全国的に見ても、その人気の高さは上位に位置しています。
10,000発以上を越す打ち上げ数を、たったの1時間ほどで打ち上げられる密度の濃さと、いろんな種類の花火が打ち上げられるのも人気の秘密です。
その為、混雑は必至です。
ここではそんな足立の花火大会での混雑をなるべく避けたおすすめの穴場スポット、場所取りの時間帯などを説明しました。
それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です