正義のセ 3話感想と4話あらすじ つまらないと言われる理由は?

      2018/04/26


正義のセですが安田顕さんの演技力が光っております。

その老婆心ながらで妻とも離婚されちゃったんだろうな~と思いつつ(笑)

そんな正義のセですがTwitterとかでつまらないという声もちらほらと。

そのつまらないと言われる理由を調べてみました。

それでは、正義のセの3話感想と4話あらすじに行きたいと思います。

この正義のセ原作阿川佐和子さんだったんですね(笑)

 

 
Sponsored Link
 

正義のセ 3話感想 安田顕の演技が上手い!

 

正義のセですがなんか安田顕さんを主人公にここから変えて検事推理物語にしていっても面白そうな気が、、、(笑)

まぁ、安田顕さんの小姑感満載の先輩役の演技が上手いですね~

その小姑感で妻に接して妻から三下り半をつけられたのが想像出来ちゃいますからね。

 


やっぱり安田顕さんの演技上手いですね!

それでは、正義のセの3話感想に行きたいと思います。

彼氏からの告白からの仕事に打ち込んでからの彼氏にふられる展開。。。。。お決まりですねw

まぁ、どこかのタイミングでまた彼氏が出てきてよりを戻すのか?それともほかの誰かと急接近するのかはまだちょい不明ですね。

ただ、どっちに転んでも見慣れた感が、、、w

ちなみに今回は三浦貴大さんが結婚詐欺師の役。

罪の意識がないので嘘を暴くのがむずかしく起訴できないそうですが、、、、警察がしっかり捜査してれば証拠がジャンじゃかでてきた気がしますけども、、、、

まぁ、結婚式場の手付金は三浦貴大さんが返しており、それを問い詰めると最初はしらばっくれていたけど、今思い出した。という始末。

で、彼氏とのデート中に三浦貴大さんはまだ偽名を使って結婚しようとしているところを発見し、いつも彼女を詐欺にかけるお店へGO。

場所を変えないんだねw

お金を隠している場所を発見!それでもしらを切る三浦貴大さん。

まぁ、お店のレシートを残しておくは騙した相手の指紋が付いた銀行袋をそのままにしておいて、しかもその中にメッセージまで入れておく律義さ。。。

というか三浦貴大さんを問い詰めるというよりも、お店の人に聞いたほうが全部喋ってくれそうな気が済んだけどな~と思いつつ。

一応捜査権はないから無理なのかな?とおもいつつ第4話へ~

 

正義のセ,3話,感想,4話,あらすじ,つまらない,理由
 

正義のセ つまらないと言われる理由は?

 

正義のセですがTwitterとかで感想を見ていると面白いという声とつまらないという声が、当然ながら入り混じっておりますね。

その正義のセがつまらないとされる理由は何でしょうか?

ちょいとまとめてみました。

①人物描写がストレートすぎ。
※主人公もドストレートな感じなので仕方ないかも、、、、

②検事ものとして真っ先に浮かぶHEROと比較されてしまっている

③すでに今まで見たことがるストーリー展開(既視感)

というのが主につまらないといわれる理由のようですね。

演者というか役者への演技については特に感想はありませんでした。

というか今期の日本テレビのドラマってこの既視感というのがむしろテーマなのかな?って思うぐらい既視感がありますね。

そういうタイミングなのかもしれません(笑)

 
Sponsored Link
 

正義のセ 4話あらすじ 原作は阿川佐和子

 

正義のセ原作阿川佐和子さんだったんですね。。。。

だからどうということはないんですがけど(笑)

阿川佐和子さんがこういう小説を書くのを知らなかっただけで少し驚いた感じです。

安定感はあるんですが、演出なのかなんなのか既視感が本当に否めないのが少し残念ですかね。

ここからの逆転を期待しましょう!

それでは正義のセの4話あらすじに行きたいと思います。

 

 

横浜地検港南支部では、一か月遅れで凜々子(吉高由里子)の歓迎会が行われる。事務官たちから大塚(三浦翔平)や徳永(塚地武雅)の取調べテクニックを聞き、「私にもそんな取調べできるのかな」と感心する凜々子。だが、相原(安田顕)から「まだまだでしょうね」と言われ、「一日も早く、相原さんが安心できるような検事になってみせます!」とやる気に火が点くのだった。

凜々子は、若者がバイクで老人をはねて●亡させた交通事故案件を担当することに。被害者の佐藤忠徳は妻のフネ(茅島成美)と散歩中に横断歩道を渡っていたところ、信号無視をした勝村弘(白洲迅)が運転するバイクにはねられて●亡した。「厳しい罰を与えてほしい」と訴えるフネの思いを受け、勝村の取調べを始める凜々子と相原。だが、勝村は容疑を全面的に認めるが、「事故のことはあまり覚えてない」と、多くを語らない。

起訴判断に悩んだ凜々子は、勝村の人となりを知るため、彼が料理人見習いとして働くレストランへ向かう。すると、同僚たちから勝村の意外な一面が明らかになり……。
大切な人を失ってしまった被害者家族の思い、そして、命を奪ってしまった被疑者の思い――。凜々子は、事件を取り巻く人たちそれぞれの思いを受け止めて、検事として正しい判断を下すことができるのか?

さらに、竹村家でも妹・温子(広瀬アリス)がある騒動を持ち込む!?

正義のセも基本的に既視感で溢れているんですよね~

見ていた安心はできるんですけど驚きがないというかなんというか、、、いや面白いんですよ?

ただ、ドラマ好きだから見るのであって、それ以外の人をどう引き寄せるか?が問題かもしれませんね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201804ドラマ, 正義のセ , , , , , ,