正義のセ6話感想と7話あらすじ 倉科カナ登場で奪い愛、冬w

      2018/05/17


正義のセですが、6話で倉科カナさんが登場。

吉高由里子さんの親友で弁護士という設定でしたが、この正義のセは三浦翔平さんも出てきているじゃないですか?

もう、倉科カナさんと三浦翔平さんといえば奪い愛、冬をどうしても思い出しちゃいますね。

そんな正義のセの6話感想と7話あらすじに行きたいと思います。

いや~でも吉高由里子さんも可愛いけど、倉科カナさんも可愛いですよね~

 
Sponsored Link
 

正義のセ6話感想 倉科カナがかわいい!

 

奪い愛、冬では少しイラっとさせる女性を演じていた倉科カナさんですが、やっぱりかわいいですよね~

 

男が騙されやすい可愛さですね?(褒めてますよ!)

まぁ、正義のセ6話では倉科カナさんが男に騙されてる感じがありますが、、、

それでは、正義のセ6話感想に行きたいと思います。

同期の倉科カナさんがオレオレ詐欺(今は振り込め詐欺だっけ?)容疑で捕まった浅田謙人(岡山天音)を弁護する立場。

で、吉高由里子さんはそんな浅田謙人(岡山天音)さんに実刑をかす立場。

浅田謙人(岡山天音)さんは軽い気持ちでやってしまった。犯罪だって知らなかったというけども、

ただ、自宅に行くと安田顕さんも喉から手が出るほど欲しがる鉄ヲタグッズ。

完全に黒ですね。

さて、話の結末は?

というと当然、浅田謙人(岡山天音)さんは犯人でしかもオレオレ詐欺に味を占め、たった3万円で受け子からかけ子までやる始末。

しかも大学の友人まで誘っていくというクソですね。

その友人に小林拓哉に声を掛けたらそりゃー、浅田謙人(岡山天音)さんはいい人ですよね。

って、そうこうしているうちに犯罪が露呈

なんか逆ギレする浅田謙人(岡山天音)w

「大学は退学ですよね。まもとな会社に就職できない!」って誰の責任なんだ?ってことなんですが、、、(苦笑)

吉高由里子さんが説教して、安田顕さんが慰めて終了。

最後は倉科カナさんとこれからも頑張っていこう!と決意を新たにする吉高由里子さんであった~

って、事件のことをあんなにペラペラと喋ってほしくないわ~

しかも、検察と弁護士が同期だからって同じ事件を担当しているのにあっていいもんなのかね?

 

正義のセ,6話,感想,7話,あらすじ,倉科カナ,奪い愛、冬
 

正義のセ 倉科カナ登場で奪い愛、冬w

 

倉科カナさんが登場されたことによって三浦翔平さんと吉高由里子さんの仲が気になりますね。

なんか、吉高由里子さんにキスされた後の動揺感が半端ない三浦翔平さん。

これは三浦翔平さんはチェリーという役かな?

正義のセはストーリー自体はあまりひねりがないのでこのまま行くと三浦翔平さんと吉高由里子さんがいい感じになるのかな?と思いますが、、、、

やっぱりそこは一ひねりあってほしいな~

意識しだした吉高由里子さん。

でも、知らないところで倉科カナさんと三浦翔平さんが実は付き合ってました。というオチが欲しい。

できれば結婚するぐらいの勢いで。

そうなると完全に奪い愛、冬を連想させてしまうんですけどね!

いや、でもそっちの方が面白いと思うんだけどな~w

 
Sponsored Link
 

正義のセ7話あらすじ キスシーンが面白い!

 

正義のセで5話で吉高由里子さんが元彼と三浦翔平さんを間違えて、おきざまにキスをしましたが、、、

その時の三浦翔平さんのリアクションもうぶな感じがあってよかったです。

 

唇を手で押さえるシーンとかね。乙女か!(笑)

でも、もっと面白かったのはそう相原さんw

 

もう、完全に小さな巨人を意識しているでしょ(苦笑)

では、正義のセ7話あらすじに行きたいと思います。

 

 

ある保育園で、保育士が目を離したすきに園児が大ケガを負った。園庭の遊具から落下した事故と思われたが、園児の父・小峰雄一(近藤公園)は園側の説明に納得がいかず、被害届を提出。凜々子(吉高由里子)がこの事件を担当することになり、バツイチ子持ちの相原(安田顕)は、「保育園の監督不行き届きの可能性がありますね!」といつになく熱くなる。そんな相原の様子を不思議に思う凜々子。

ケガをした園児・宏尚(佐藤令旺)は回復したが、事故当時の事を話そうとせず、小峰の「普段から小さなケガが多かった」という証言から、虐待の可能性も出てくる。
「もし虐待があったとしたら許せません」と相原は、いっそうこの案件にのめり込むのだった。凜々子と相原は保育園に行き園長・瀬川弥生(朝加真由美)から話を聞くと、「不慮の事故だった」と謝罪しながらも、保育園の過失を否定する。保育園の言い分にも理があると考え、凜々子は悩むのだった——。

そんな中、相原が凜々子の忘れ物を届けに竹原家を訪れる。浩市(生瀬勝久)たちに歓迎され竹村家の明るい家族団欒の雰囲気に触れた相原は、会えない娘への思いを語るのだった。そして、ちょうどその時、元妻から連絡があり娘と会う約束をし、浮かれる相原だったが・・・。

翌日、凜々子は宏尚の聞き取りを始めると、意外な事実が明らかになる!
単なる事故か?それとも保育園側の過失による傷害致傷か?
そして、相原と娘の関係は?

他のドラマはドラマ内のストーリーに起承転結があって最終回に向かっていくのが見えるんですが、正義のセには全然見えない。。。。

自分がまだまだってことですね・・・・(笑)

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - 201804ドラマ, 正義のセ , , , , , ,