葛西紀明の嫁・妹・娘の画像や名前は?トレーニング方法は?

   

    

葛西紀明選手が平昌オリンピックに出場を決めましたね。これで、葛西紀明選手は8回目のオリンピック出場になります。

もう、ぜひ表彰台を目指してほしいですね。

で、葛西紀明選手はさんがいました(過去形)し、おさんやさんもいらっしゃいましたね。

さんもいらっしゃいます。

そんな葛西紀明選手の画像名前を調べてみました。

そんな葛西紀明選手のトレーニング方法も調べてみました。

 

 
Sponsored Link
 

葛西紀明の嫁や娘の画像や名前は?

 

葛西紀明選手のおさんですが、ソチオリンピックでメダルを獲った後にプロポーズされておりましたね。

そんな葛西紀明選手のおさんですがお名前張磨怜奈さんと言います。

ただ、名前としてレイチェルという方が有名になっているようです。

これは葛西紀明選手がお嫁さんを呼ぶときの呼び名ではなく、、、え?

葛西紀明選手はレーチェと呼んでいるそうです。レイチェル葛西紀明選手のおさんの紀子さんが葛西紀明選手のおさんを呼ぶときの名前だそうです。

ちなみに葛西紀明選手のおさんの張磨怜奈さんの画像は結婚式のときしかないですが、

葛西紀明,嫁,妹,娘,画像,名前,トレーニング,方法

真正面からの画像はありませんでした。すみません。

で、葛西紀明選手のさんは2016年1月30日に誕生しております。もうすぐ2歳ですね。

葛西紀明選手のさんの名前璃乃(リノ)ちゃんというそうです。

そんな葛西紀明選手の娘:璃乃(リノ)ちゃんの画像

 

葛西紀明,嫁,妹,娘,画像,名前,トレーニング,方法

引用:葛西紀明選手のブログ

です。可愛らしいですね~

 

葛西紀明,嫁,妹,娘,画像,名前,トレーニング,方法
 

葛西紀明の妹や姉の名前は?

 

葛西紀明選手にはさんがいらっしゃいます。

葛西紀明選手は両親と姉、妹のいる5人家族の長男です。

姉や妹さんの名前は、は紀子さんといい、さんは久美子さんと言います。

ただ、葛西紀明選手のさんは

妹は1993年に難病の再生不良性貧血になり、一旦臍帯血治療で克服し、2003年に結婚したものの、2013年に再発、葛西は同シーズン中にも2度病院に駆けつけた。ソチオリンピック直前には妹からLINEで「絶対メダル取れるから何も心配せずに飛んで」と伝えられたという。「妹のために」は葛西の口癖で、冬季五輪で金メダルという目標も、当初は妹を勇気づけるのが目的だったという。また自身の心の支えとなった歌としてかぐや姫の「妹」を挙げていた。しかし治療の甲斐なく、2015年5月には意識不明になり、2016年1月13日に意識が戻らぬまま帰らぬ人となった。

引用:wikipedia

というようにいろいろな悲しみを乗り越えて葛西紀明選手は競技を続けられているようですね。

おそらく今は、おさんやさんのために頑張っているのかもしれません。

 
Sponsored Link
 

葛西紀明のトレーニング方法は?

 

葛西紀明選手ですが、現在(2018年1月)は、1972年6月6日(45歳)です。

45歳で競技を続けてしかも、オリンピックに出場できるほどのトップクラスというのはなかなかいらっしゃらないようで海外選手からは「レジェンド」と葛西紀明選手が呼ばれているのは皆さん知っていることかと思います。

そんな葛西紀明選手のプロフィールを少し紹介したいと思います。

愛称 NORI、カミカゼ、レジェンド
誕生日 1972年6月6日(45歳)
出身地 日本
北海道の旗北海道上川郡下川町
身長 177cm

引用:wikipedia

旧大倉山ジャンプ競技場のバッケンレコード(135m)を所持。
ラージヒル日本人記録147.5m(プラニツァ)所持。
2003年イタリアのヴァル・ディ・フィエンメで開催されたノルディック世界選手権大会では団体銀、ノーマル・ラージとも銅の3つのメダルを獲得。
2003-2004ワールドカップソルトレークシティ大会で自身通算15勝目を飾った。
2006年トリノオリンピックに自身5回目のオリンピック出場を果たす。
2007年世界選手権札幌大会の団体戦では銅メダル獲得。
2009年世界選手権団体戦でも2大会連続の銅メダルを獲得。この年、監督に就任しプレイングマネージャーに。
2010年バンクバー五輪へ出場、6大会連続は冬季五輪では最多タイ。
2011年には自身7度目となる世界世界選手権に出場。
2013年8月サマーグランプリ白馬大会で2009年以来となる優勝。
2014年1月11日バート・ミッテンドルフ大会(フライングヒル/オーストリア)でワールドカップ最年長優勝を果たす。(41歳219日=通算16勝目、日本人男子最多勝利)
同年2月のソチオリンピックでは個人ラージヒル銀、団体銅の2つのメダルを獲得。
同年3月、ワールドカップ最年長優勝、冬季五輪7大会連続最多出場、冬季五輪スキージャンプ最年長メダリストの3つがギネス世界記録に認定される。
同年11月29日フィンランドのルカで開催されたワールドカップ個人第3戦で自らが持つ最年長優勝記録を42歳5ヶ月に更新、通算優勝回数を17回(日本人男子最多)とした。
2015年2月ファルン(スウェーデン)で開催されたノルディックスキー世界選手権では混合団体で伊藤有希と共に銅メダルを獲得。
2016年1月30日、第一子となる長女が誕生。その翌日にはFISワールドカップ札幌大会で3位に入り、ワールドカップ最年長表彰台記録を43歳240日に更新。
さらに同日「ワールドカップ最多出場」「ノルディックスキー世界選手権最多出場」の2つが新たにギネス世界記録に認定され、計5つのギネス世界記録ホルダーとなった。

引用:チーム土屋HP

というようにオリンピック8回出場でも凄いですが、やっぱり葛西紀明選手は凄いですね。

で、気になるのが葛西紀明選手のトレーニング方法です。

葛西紀明選手は著書でトレーニング方法などを語っております。※競技の核となる部分はありませんが

40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方【電子書籍】[ 葛西紀明 ]
葛西紀明のレジェンド・ストレッチ 下半身を柔らかくすれば10歳若返る (小学館SJムック) [ 葛西 紀明 ]

などですかね。

それ以外でも葛西紀明選手はインタビューで

20代と40代で「努力の仕方」を変えて、疲れない体づくりを習慣にしたそうです。

・体幹トレーニングで「姿勢を整える」
・「10分のランニング」で、むしろリフレッシュする
・上手にサウナに入って、とにかく「汗をかく」
・「代謝を上げる食べ物」を活用する
・ストレッチで「下半身の柔軟性」を高める

というような内容です。

やっぱり40代で第一線で頑張るにはいろいろ考えないといけないようですね。

葛西紀明選手が平昌オリンピックでメダルが取れるよう応援しております。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 
Sponsored Link
 

 - アスリート, 話題 , , , , , , ,